Ubuntu 8.0.4にDjangoの開発環境を作る(1)DjangoのインストールからEclipseとPydevのインストールまで

Ubuntu 8.0.4にDjangoの開発環境を作る手順。
Djangoを使ったアプリケーションをPydevでデバッグできる環境の構築を目指す。

Windowsをお使いの場合は「WindowsにAptana PydevでDjangoの開発環境を構築する」をご覧ください。

Pythonがインストールされているか、確認する。
通常はPythonもインストールされているはず。

$ python --version
Python 2.5.2

UtunbuのDjangoのパッケージはバージョンが古いため、手動でインストールする。

Djangoのホームページからダウンロードする。

ダウンロードしたファイルを展開し、インストールを行う。

$ tar xzvf Django-1.0.2-final.tar.gz
$ cd Django-1.0.2-final
$ sudo python setup.py install

Djangoのインストールが完了したら、動作を確認する。

$ django-admin.py --version
1.0.2 final

バージョン番号が表示されたら、インストールは成功している。

次に、統合開発環境(IDE)をインストールする。

今回は、EclipseとPydevを使用する。

Ubuntuにパッケージが用意されているので、それを使用する。

$ sudo apt-get install eclipse eclipse-pydev

次回「Ubuntu 8.0.4にDjangoの開発環境を作る(2)EclipseとPydevの設定」に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください