WindowsにAptana PydevでDjangoの開発環境を構築する

先日、Ubuntu 8.0.4にDjangoの開発環境を構築する方法を書きました。

やっぱりWindows上でも開発をしたい、ということで、
今回はWindowsにAptana PydevでDjangoの開発環境を構築する方法です。

  1. Aptana Pydevをインストールする

    MergeDoc Project (Eclipse 日本語化)から安定版のバージョンを選択し、Pleiades All in One PythonのFull All in One(JRE あり)をダウンロードします。

    ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたファイルを「c:\user」に展開します。
    展開場所のパスの長さに注意してください。
    MAX_PATHを超えていてもエラーメッセージを表示せず、解凍に失敗する解凍ソフトがあるようです。

    C:\
      ├user\
        ├.metadata.default\
        ├eclipse
        ├python
        └xampp
    
  2. Djangoのインストール

    DjangoのサイトからDjangoをダウンロードします。

    ダウンロードしたDjangoのファイル(Django-1.0.2-final.tar.gz)を展開します。
    コマンドプロンプトを起動し、展開したDjangoのフォルダに移動します。
    次のコマンドを実行してインストールします。

    >C:\user\python\python.exe setup.py install
    

    インストールが完了したら、コマンドプロンプトで「C:\user\python\python.exe」と入力して、Pythonインタラクティブシェルを起動します。

    djangoが正しくインストールできたかを確認します。

    >>> import django
    >>> django.VERSION
    (1, 0, 2, 'final', 0)
    
  3. 環境変数の設定

    インストールが終わったら必要に応じて、コマンドプロンプトから「python.exe」や「django-admin.py」のフルパスを入力しないですむように、環境変数の「Path」に「C:\user\python」と「C:\user\python\Scripts」を追加します。

    ;C:\user\python;C:\user\python\Scripts
    

    私はコマンドプロンプトの代わりにnyacusを使用しているので、nyacusの設定ファイル(_nyaファイル)に次の行を追加しました。

    alias python C:\user\python\python.exe
    alias django-admin C:\user\python\python.exe C:\user\python\Scripts\django-admin.py
    

    パスの設定ができると、コマンドプロンプトで入力するときに、フルパスを入力する必要がなくなります。

    >django-admin --version
    1.0.2 final
    

    Eclipse(C:\user\eclipse\eclipse.exe)のショートカットなども作っておくと便利かもしれません。

ここまでは共通の設定です。

これからは、プロジェクトごとの設定になります。

  1. Pydevプロジェクトの設定

    Eclipseを起動します。
    ワークスペースは初期値(../workspace)のまま作成します。

    メニューから「ファイル」-「新規」-「Pydevプロジェクト」を選択します。
    プロジェクト名を入力し(ここでは「MyProject」とします)、「完了」ボタンを押します。

    コマンドプロンプトを起動し、プロジェクトを作成したフォルダに移動します。

    >cd C:\user\workspace\MyProject\src\
    

    Djangoのプロジェクトを作成します。

    >django-admin startproject mysite
    

    プロジェクトが作成されたことを確認します。

    >cd mysite
    >python manage.py runserver
    Validating models...
    0 errors found
     
    Django version 1.0.2 final, using settings 'mysite.settings'
    Development server is running at http://127.0.0.1:8000/
    Quit the server with CTRL-BREAK.
    

    ブラウザでhttp://127.0.0.1:8000/にアクセスします。

    It worked!
    Congratulations on your first Django-powered page.
    

    の画面が表示されると成功です。

    Eclipseに戻り、「Pydevパッケージ・エクスプローラ」タブのプロジェクト(MyProject)を右クリックし、「リフレッシュ」を選択します。
    これによって、先ほど作成したDjangoプロジェクトのファイルが反映されます。

     - MyProject
       - src
         - mysite
           + __init__.py
           + manage.py
           + setting.py
           + urls.py
    
  2. PYTHONPATHの設定

    「プロジェクト・ソース・フォルダー」に先ほど作成した「mysite」を追加します。

    まず、メインメニューから「プロジェクト」-「プロパティー」を選択します。
    「PyDev – PYTHONPATH」を選択し、「ソース・フォルダーの追加」ボタンを押します。
    「MyProject/src/mysite」を選択して、「OK」ボタンを押します。

  3. デバッグの設定

    ブレークポイントの機能を使用できるように設定します。

    manage.pyを選択して、メインメニューから「実行」-「デバッグ」を選択します。
    ※ここでは起動されませんが、問題ありません。

    メインメニューの「実行」-「デバッグの構成」を選択します。
    ※一度「実行」-「デバッグ」を選択すると、「デバッグの構成」が表示されます。

    「引数」タブの「プログラムの引数」に「runserver –noreload」と入力します。
    「適用」ボタンを押し、設定を保存します。

    ブレークポイントが動作するか、確認します。
    manage.pyを開きます。
    3行目(import settingsの行)と11行目(execute_manager(settings)の行)にブレークポイントを追加します。

    manage.pyを選択して、メインメニューの「実行」-「デバッグ」を選択します。
    設定したブレークポイントの行で止まることを確認します。

    プログラムを再開します。

    ブラウザでhttp://127.0.0.1:8000/にアクセスします。

    It worked!
    Congratulations on your first Django-powered page.
    

    の画面が表示されると正しく設定ができています。

     Page not found: /
    

    の画面が表示された場合は、1.の「PyDev – PYTHONPATH」の設定が正しくできていません。
    設定を確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください