Delphi 10.1 Berlinでロギング(ログの出力)

以前に「Delphi XE5でAndroidアプリケーションのロギング(ログの出力)」でログの出力方法を紹介しました。

現在のバージョンではもっと手軽にできるようになっています。

uses
  FMX.Types;

procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
begin
  Log.d('%s', ['ログメッセージです。']);
end;

これだけでログの出力ができます。

Delphi 10.1 Berlin Update2でiOS 10用にユーザーデータのアクセス目的を記述するには

iOS 10から、カメラなどを使用するときには、info.plistに特定のキーと使用目的を記述するようになりました。

Delphi 10.1 Berlin Update2では、プロジェクトオプションのバージョン情報画面で、設定できます。

delphi101belrin_infoplist

位置情報へのアクセス (常に)

  • キー
    NSLocationAlwaysUsageDescription


  • アプリが常にユーザーの位置情報にアクセスする理由

位置情報へのアクセス (使用中のみ)

  • キー
    NSLocationWhenInUseUsageDescription


  • アプリがフォアグラウンドで実行されているときなど、アプリがユーザーの位置情報にアクセスする理由

連絡先へのアクセス

  • キー
    NSContactsUsageDescription


  • アプリがユーザーの連絡先にアクセスする理由

フォトライブラリへのアクセス

  • キー
    NSPhotoLibraryUsageDescription


  • アプリがユーザーの写真ライブラリにアクセスする理由

カメラへのアクセス

  • キー
    NSCameraUsageDescription


  • アプリがデバイスのカメラにアクセスする理由

iOSアプリで「SecTrustEvaluate [leaf ValidLeaf]」

開発しているiOSアプリが、Webサーバーにアクセスできなくなった。

ログを見ると次のメッセージを見つけた。

SecTrustEvaluate [leaf ValidLeaf]

ホーム画面で「設定」→「一般」→「日付と時刻」→「自動設定を(オン)に切替」で解決した。

古いバージョンのCocoaPodsをインストールするには

CocoaPodsはバージョン1.0.0からpodfileの書き方が変更された。
プロジェクトで使用しているpodfileが古いバージョン場合、古いCocoaPodsが必要になることもある。

インストールされているCocoaPodsのバージョンを確認する。

pod --version

CocoaPodsをアンインストールする。

sudo gem uninstall cocoapods

バージョンを指定して、CocoaPodsをインストールする。
# ここではバージョン0.39.0をインストールする。

sudo gem install -v 0.39.0 cocoapods