Ubuntu 8.0.4にDjangoの開発環境を作る(2)EclipseとPydevの設定

前回(Ubuntu 8.0.4にDjangoの開発環境を作る(1)DjangoのインストールからEclipseとPydevのインストールまで)の続きです。

Windowsをお使いの場合は「WindowsにAptana PydevでDjangoの開発環境を構築する」をご覧ください。

Djangoを使ったアプリケーションをPydevでデバッグできる環境の構築を目指します。

EclipseとPydevのインストールが完了したら、Eclipseを起動して設定を行います。

メニューから「Window」-「Preferences」を選択します。

「Prefernces」画面が表示されるので、「Pydev」の下にある「interpreter – Python」を選択します。

「Python interpreters」の「New」ボタンを押し「/usr/bin/python」を選択し、登録します。

eclipse-pydev01.png

メニューの「File」-「New」-「Project」を選択します。

「Pydev」の下にある「Pydev Project」を選択します。

eclipse-pydev02.png

「Project name」を入力し(ここでは「MyProject」とします)、「Finish」ボタンを押します。

次のコマンドを端末から入力し、Djangoのプロジェクトを作成します。
ここではプロジェクト名を「manoush」にしています。

$ cd ~/workspace/MyProject/src/
$ django-admin.py startproject manoush

Eclipseに戻り、「Navigator」タブのプロジェクト(MyProject)を右クリックし、「Refresh」を選択します。
これによって、先ほど作成したDjangoプロジェクトのファイルが反映されます。

「Navigator」タブの「MyProject」-「src」-「manoush」-「manage.py」を開きます。

eclipse-pydev03.png

メニューから「Run」-「Debug」を選択します。
「Create, manage, and run configurations」画面が表示されます。

「Python Run」を開き、「New_configuration」を選択します。

「Project」の「Browse」ボタンを押し、プロジェクトを選択します。

「Main Module」の「Browse」ボタンを押し、「manage.py」を選択します。

eclipse-pydev04.png

「Arguments」タブを選択します。

「Program Arguments」に「runserver –noreload」と入力します。

「Apply」ボタンを押し、設定を適用します。

eclipse-pydev05.png

「Debug」ボタンを押し、実行します。

以上で、設定が完了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください