プログラミングに最適なフォントFiraCodeをWindowで使うには

プログラミングに最適なフォントFiraCodeをWindowで使うには

FiraCodeは、プログラミングに最適なフォントです。

「0(数字のゼロ)」と「O(アルファベットのオー)」のようなよく似た文字が見分けやすくなっています。

1行目は、0 O D
2行目は、1 l I
3行目は、2 Z
4行目は、8 B
です。

プログラミングでよく使われる記号、たとえば「==」「!=」「<=」「->」などもを見やすく表示します。

「!==」「=>」「==」が見やすくなっています。

WindowsにFiraCodeをインストールするには

  1. ttfフォルダー内のttfファイルをダブルクリックします。

  2. インストールボタンを押すとインストールが始まります。

  3. 1と2の作業をすべてのフォントに対して行います。

以上でインストール完了です。

FiraCodeをVisual Studio Code 2017で使うには

  1. メニューから「ファイル」→「設定」→「基本設定」を選択します。

  2. 次の行を追加します。

    // フォント ファミリを制御します。
    "editor.fontFamily": "Fira Code",
    
    // フォントの合字を使用します
    "editor.fontLigatures": true,
    

以上で、FiraCodeが利用できるようになりました。

FiraCodeをVisual Studioで使うには

  1. メニューから「ツール」→「オプション」を選択します。

  2. 「環境」→「フォントおよび色」を選択し、フォントを「Fira Code」にします。

以上で、FiraCodeが利用できるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です