BDS2006(C++Builder)でActiveXコントロールをインポートする方法

BDS2006(C++Builder)でActiveXコントロールをインポートする方法です。

ここでは、ScriptControlをインポートします。

  1. メニューから[ファイル]-[新規作成]-[パッケージ]を選択します。

    パッケージのプロジェクトが作成されます。

  2. メニューから[コンポーネント]-[コンポーネントのインポート]を選択します。

    「コンポーネントのインポート」ダイアログが表示されます。

  3. 「タイプライブラリの取り込み」を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

  4. 「登録されたタイプライブラリ」から「Microsoft Script Control 1.0」を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

  5. 「パレットページ名」に、ツールパレットに登録するパレット名を入力して、「次へ」ボタンをクリックします。

    私は「ActiveX」と入力しました。

  6. 「Package1.bdsprojプロジェクトにユニットを追加」を選択して、「完了」ボタンをクリックします。

  7. 「プロジェクトマネージャ」(IDEの右上に配置されているウィンドウ)の「Package1.bpl」を右クリックして、「インストール」を選択します。

    プロジェクトがビルドされた後、コンポーネントが登録されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください