DCGANを使って画像を生成してみた

DCGANを使って画像を生成してみました。 DCGANサンプル 学習用のデータにはいらすとやの画像を使用しました。 学習に使用したファイルの数はわずか145個ですが、いらすとや風の画像が作られます。 Herokuを使った …

Continue reading ‘DCGANを使って画像を生成してみた’ »

Anacondaの古いバージョンを取得するには

Anacondaの古いバージョンを取得するには Anacondaの古いバージョンは、「Anaconda installer archive」からダウンロードできます。 Anaconda installer archive …

Continue reading ‘Anacondaの古いバージョンを取得するには’ »

Python(Anaconda)で”TypeError: parse() got an unexpected keyword argument ‘transport_encoding'”エラー

Python(Anaconda)を使っていて、pipでインストールしようとしたら、次のようなエラーになった。 TypeError: parse() got an unexpected keyword argument ‘ …

Continue reading ‘Python(Anaconda)で”TypeError: parse() got an unexpected keyword argument ‘transport_encoding’”エラー’ »

PythonでJanomeを使って形態素解析した結果をファイルに保存する

PythonでJanomeを使って形態素解析した結果をファイルに保存する方法です。 「PythonでJanomeを使って形態素解析」のコメント欄で質問をもらったので、書いておきます。 実行環境は $ python3 — …

Continue reading ‘PythonでJanomeを使って形態素解析した結果をファイルに保存する’ »

PythonでJanomeを使って形態素解析

JanomeはPythonで書かれた形態素解析のライブラリです。 インストールが簡単で、Mecabをインストールできない環境でも使用できる点が魅力です。 Janomeのインストール 次のコマンドでインストールできます。 …

Continue reading ‘PythonでJanomeを使って形態素解析’ »

WPFのFormattedTextクラスのプロパティを表示するサンプルアプリケーション

FormattedTextクラスのBaseline/Extent/OverhangAfter/OverhangLeading/OverhangTrailingプロパティが描画テキストのどの部分の値なのかわかりにくかったの …

Continue reading ‘WPFのFormattedTextクラスのプロパティを表示するサンプルアプリケーション’ »

プログラミングに最適なフォントFiraCodeをWindowで使うには

プログラミングに最適なフォントFiraCodeをWindowで使うには FiraCodeは、プログラミングに最適なフォントです。 「0(数字のゼロ)」と「O(アルファベットのオー)」のようなよく似た文字が見分けやすくなっ …

Continue reading ‘プログラミングに最適なフォントFiraCodeをWindowで使うには’ »

WPFのコントロール上のマウスカーソルを変更するには

WPFのコントロール上のマウスカーソルを変更するには、QueryCursorイベントを使用します。 mShape.QueryCursor += ShapeQueryCursor; マウスカーソルがコントロール上に移動する …

Continue reading ‘WPFのコントロール上のマウスカーソルを変更するには’ »

Visual Studio Codeの設定の備忘録

メニューの「ファイル」→「基本設定」→「設定」を選択と設定が表示される。 左側が既定の設定、右側に変更する設定を挿入する。 垂直ルーラーを表示する 80文字目と120文字目にルーラーを表示する // 垂直ルーラーを表示す …

Continue reading ‘Visual Studio Codeの設定の備忘録’ »