D.P.F Delphi iOS Native Componentsの紹介(1) Delphi 10 Seattleにインストールするには

D.P.F Delphi iOS Native ComponentsはiOSのビジュアルコンポーネントなどの機能をDelphiから使用できるコンポーネント集です。
Firemonkeyに用意されていないiOSの機能を使用したいときに便利です。
また、Objective-CのコードをDelphiで記述するときのサンプルとしても役に立ちます。

Delphi 10 Seattleにインストールする方法を説明します。
install.txtに書かれている内容そのままです。(^^ゞ

ダウンロード

D.P.F Delphi iOS Native Componentsのサイトからファイルをダウンロードして、適当なフォルダーに展開します。

ライブラリパスの設定

メニューから「ツール」→「オプション」を選択します。
オプション画面が表示されます。

「環境オプション」→「Delphiオプション」→「ライブラリ」を選択します。

「選択したプラットフォーム」から「32ビットWindows」を選択します。

001

ライブラリパスに「D.P.F Delphi iOS Native Components」を展開したフォルダーのパスを追加します。

002

同様にして、「iOS デバイス 64ビット」「iOS デバイス 32ビット」「iOS シミュレータ」のライブラリパスに「D.P.F Delphi iOS Native Components」を展開したフォルダーのパスを追加します。

003

リモートパスの設定

オプション画面の「環境オプション」→「SDKマネージャ」を選択します。

SDKバージョンから「iOSデバイス – 64ビット」を選択します。

004

「リモートバス」のリストビューを下にスクロールしてフレームワークのセクションに移動します。

適当なフレームワークの項目を選択して、「新しいパス項目を追加」ボタンを押し、次のフレームワークを追加します。

005

006

  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/EventKit
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/MessageUI
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/AudioToolbox
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/Social
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/QuickLook
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/SystemConfiguration
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/GameKit
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/CoreBluetooth
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/Accounts
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/AdSupport
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/ExternalAccessory
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/AddressBookUI (XE8以降は不要)
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/AddressBook (XE8以降は不要)
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/MobileCoreServices (XE8以降は不要)
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/MapKit (XE8以降は不要)
  • $(SDKROOT)/System/Library/Frameworks/LocalAuthentication.framework/LocalAuthentication (iOS 8.0以降)

007

「ライブラリパス」に次のパスを追加します。

  • /usr/lib/libxml2.dylib

008

009

コンポーネントのインストール

「D.P.F Delphi iOS Native Components」を展開したフォルダーにある「DPFiOSPackagesDX10.dpk」(Delphi XE8の場合はDPFiOSPackagesXE8.dpk)を開きます。

プロジェクトを右クリックして、「インストール」を選択します。

010

コンポーネントが登録されます。

011

以上で、使用できる状態になりました。

インストールが完了すると、新規作成ダイアログに「D.P.F Delphi iOS Native Compoents」が追加されます。

新規作成ダイアログ D.P.F Delphi iOS Native Components

また、ツールパレットに多くのコンポーネントが追加されます。

D.P.F Components iOS

使用上の注意

フォームのPaintRectsメソッドをオーバーライドする

Firemonkeyのビジュアルコンポーネントを使用せず、D.P.F Delphi iOS NativeComponentsだけを使う場合、フォームのPaintRectsメソッドをオーバーライドすると、処理速度が向上します。

フォームの上に置いたTDPFUIViewを、AlignプロパティをClientにしてフォーム全体を覆い、その上にDFPのコンポーネントを配置するようにします。

type
  TForm1 = class( TForm )
    DPFUIView1: TDPFUIView;
  private
    { private 宣言 }
  protected
    procedure PaintRects(const UpdateRects: array of TRectF); override;
  public
    { public 宣言 }
  end;

オーバーライドしたPaintRectsメソッドでは、inheritedを呼び出しません。

procedure TForm1.PaintRects(const UpdateRects: array of TRectF);
begin
//  inherited;
end;

Firemonkeyのビジュアルコンポーネントの描画処理が呼び出されなくなります。
使用していなければ不要な処理なので、PaintRectsの呼び出しを抑制することで、パフォーマンスが向上します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください