Android Studioでベクター画像を使う

Android Studio 1.4からSVGなどのベクター画像を使用できるようになりました。
画質の損失なしに拡大縮小でき、アプリのサイズも小さくすることができます。
様々な画面サイズ・解像度の端末のサポートが簡単になります。

使い方

ファイルを用意する

Android Studioで「app」→「res」フォルダーを右クリックし、ポップアップメニューから「New」→「Vector Asset」を選択します。

001

Vector Asset Studioウィンドウが表示されます。

002

ファイルを用意している場合は、「Local SVG file」を選択して、ファイルの場所を指定します。

022

Android Studioに用意されているアイコンを使用する場合は、「Material Icon」を選択して、「Icon」の「Choose」ボタンを押します。
Select Iconウィンドウが表示されます。

003

いろんなアイコンが用意されています。

004

005

006

007

008

009

010

011

012

013

014

015

016

017

018

アイコンを選択して「OK」ボタンを押すと、Vector Asset Studioウィンドウに戻ります。
選択したアイコンが表示されます。

019

「Next」ボタンを押します。

020

ファイルの保存場所を選んで「Finish」ボタンを押すと、指定した場所にファイルが保存されます。

021

ファイルを表示する

レイアウトファイル(「app」→「resources」→「layout」→「activity_main.xml」)を開きます。

ImageViewを配置し、「src」プロパティにベクター画像のパスを設定します。

023

<ImageView
  android:layout_width="match_parent"
  android:layout_height="match_parent"
  android:id="@+id/imageView"
  android:layout_alignParentStart="true"
  android:src="@drawable/ic_android_24dp" />

024

実行すると、画像が表示されました。

025

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください