C++Builder XEでCodeSite Expressを使用する(4)CodeSiteの主要なメソッド

前回までの記事

C++Builder XEのCodeSite Expressで使える主要なメソッドをまとめます。

AddCheckPoint

チェックポイントカウンターを増加し、その値をCheckPointメッセージとして送ります。

for (int i = 0; i < 10; ++i)
{
  CodeSite->AddCheckPoint();
}

ResetCheckPoint

チェックポイントカウンターを0に戻します。

CodeSite->AddCheckPoint();
CodeSite->AddCheckPoint();
CodeSite->ResetCheckPoint();

CodeSite->AddCheckPoint();
CodeSite->AddCheckPoint();
CodeSite->ResetCheckPoint();

SendDateTime

日時の値を送ります。

CodeSite->SendDateTime("SendDateTime", TDateTime(2011, 1, 2, 3, 4, 5, 6));

SendError

Errorメッセージを送ります。

CodeSite->SendError("エラーメッセージ");
//書式付き
CodeSite->SendError("フォーマット %s %d", ARRAYOFCONST(("テキスト", 1)));

SendException

ExceptionオブジェクトをExceptionメッセージとして送ります。

try {
  StrToInt("A");
} catch (Exception& E) {
  CodeSite->SendException(&E);
}

SendFmtMsg

書式付きメッセージを送ります。

CodeSite->SendFmtMsg("フォーマット %s %d", ARRAYOFCONST(("テキスト", 1)));

SendReminder

Reminderメッセージを送ります。

CodeSite->SendReminder("Reminderメッセージ");
CodeSite->SendReminder("Reminderメッセージ %s %d", ARRAYOFCONST(("テキスト", 1)));

SendWarning

Warningメッセージを送ります。

CodeSite->SendWarning("Warningメッセージ");
CodeSite->SendWarning("Warningメッセージ %s %d", ARRAYOFCONST(("テキスト", 1)));

Assert

Expressionがfalseのとき、Errorメッセージを送ります。

bool expression = false;
CodeSite->Assert(expression, "false");

expression = true;
CodeSite->Assert(expression, "true");

Clear

すべてのメッセージをクリアします。

CodeSite->Clear();

ExceptionHandler

キャッチされなかった例外のメッセージを自動的にCodeSiteに送ります。

Application->OnException = CodeSite->ExceptionHandler;

EnterMethod / ExitMethod

EnterMethodはメソッドの開始地点を示します。

ExitMethodはメソッドの終了地点を示します。

CodeSite Live/File Viewreでは、メソッドのログがインデントされて表示されます。

CodeSite->EnterMethod("Button1Click");
CodeSite->Send("test");
CodeSite->ExitMethod("Button1Click");

Installed

CodeSite Toolsがシステムにインストールされているかどうかを調べます。

if (CodeSite->Installed()) {
  ShowMessage("インストールされています。");
} else {
  ShowMessage("インストールされていません。");
}

「C++Builder XEでCodeSite Expressを使用する」目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください