C++で16進数・10進数・8進数を変換するには

数値を16進数の文字列に変換する

    std::stringstream ss;
    ss << std::hex << 16777215;
    std::cout << ss.str() << std::endl; //=> ffffff

数値を8進数の文字列に変換する

    std::stringstream ss;
    ss << std::oct << 16777215;
    std::cout << ss.str() << std::endl; //=> 77777777

16進数の文字列を数値に変換する

    int n;
    std::istringstream("ffffff") >> std::hex >> n;
    std::cout << n << std::endl; //=> 16777215

8進数の文字列を数値に変換する

    int n;
    std::istringstream("77777777") >> std::oct >> n;
    std::cout << n << std::endl; //=> 16777215

Delphi/C++Builder 10.1 Berlin Update2のMac用PAServerをダウンロードするには

docwikiの「Mac でのプラットフォーム アシスタントのインストール」にはリンクがありませんが、
Delphi/C++Builder 10.1 Berlin Update2のMac用PAServerは、
次のURLからダウンロードできました。

C++BuilderのFiremonkeyアプリケーションで半透明の円を描画するには

C++BuilderのFiremonkeyアプリケーションでTimageコンポーネントに半透明の円を描画する方法を紹介します。

TImage02

フォームにTImageを2つ配置します。

TImage01

TImageのOnPaintイベントを追加します。

TCanvasのFillプロパティで塗りつぶしの設定を行い、FillEllipseメソッドで円を描画します。

void __fastcall TForm1::Image1Paint(TObject *Sender, TCanvas *Canvas, const TRectF &ARect)
{
    //ブラシのパターン
    Canvas->Fill->Kind = TBrushKind::Solid;
    //ブラシの色
    Canvas->Fill->Color = TAlphaColorRec::Lime;
    //楕円を塗りつぶして描画する
    const float AOpacity = 0.6;    //色の透明度
    Canvas->FillEllipse(ARect, AOpacity);
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Image2Paint(TObject *Sender, TCanvas *Canvas, const TRectF &ARect)
{
    //ブラシのパターン
    Canvas->Fill->Kind = TBrushKind::Solid; //固定色
    //ブラシの色
    Canvas->Fill->Color = TAlphaColorRec::Crimson;
    //楕円を塗りつぶして描画する
    const float AOpacity = 0.2;    //色の透明度
    Canvas->FillEllipse(ARect, AOpacity);
}

アプリケーションを実行します。

TImage02

Delphi/C++Builderで困ったときのアクセス先

Delphi/C++Builderで困ったときは、
掲示板やメーリングリストで質問するか、
Quality Portalで不具合報告や回避策を調べてみると、
解決に繋がるかもしれません。

掲示板

メーリングリスト

まだまだ使われています。

不具合報告・機能リクエスト

  • Quality Portal

    公式サイト。
    不具合かな?と思ったら、調べてみるといいかも。