C++Builder XEでCodeSite Expressを使用する(1)Live Logging チュートリアル

C++Builder XEでCodeSite ExpressのLive Logging機能を使うチュートリアル

新しいプロジェクトを作成します。

Unit1.cppに次のコードを追加します。

#include "CodeSiteLogging.hpp"

#pragma link "CodeSiteLogging"

フォームにボタン(TButton)を配置します。

ボタンのクリックイベントを記述します。

void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
  CodeSite->Send("My first message");
}

プログラムを実行し、ボタン(Button1)を押します。

CodeSite Live Viewerが起動し、「My first message」が出力されます。

CodeSite Live Viewerの「Message Detail Panel」ボタンを押すと、詳細が表示されます。

CodeSite Live Viewerの「Select Columns」ボタンで表示される項目を設定できます。

もう一度、ボタン(Button1)を押します。

CodeSite Live Viewerに「My first message」が出力されます。

Unit1.cppのButton1Clickにコードを追加します。

CodeSite->Send("Button1->Width", Button1->Width);
CodeSite->Send("Form1", Form1);

cssと入力し、[Ctrl]+[J]キーを押すと、「CodeSite->Send( “data”, data );」と補完されます。

Button1Clickのコード

void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
  CodeSite->Send("My first message");
  CodeSite->Send("Button1->Width", Button1->Width); //<= 追加
  CodeSite->Send("Form1", Form1); //<= 追加
}

プログラムを実行し、ボタン(Button1)を押します。

CodeSite Live Viewerに情報が出力されます。

CodeSite Live Viewerの「Inspector」ボタンを押し、Inspector Panelを表示します。

Form1を選択すると、Form1のプロパティの値がInspector Panelに表示されます。

フォームのサイズを変更して、ボタン(Button1)を押します。

CodeSite Live ViewerのForm1を選択すると、変更点が表示されます。

Unit1.cppのButton1Clickにコードを追加します。

CodeSite->Send("Screen->Fonts", Screen->Fonts);
CodeSite->AddSeparator();

Button1Clickのコード

void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
  CodeSite->Send("My first message");
  CodeSite->Send("Button1->Width", Button1->Width);
  CodeSite->Send("Form1", Form1);
  CodeSite->Send("Screen->Fonts", Screen->Fonts); //<= 追加
  CodeSite->AddSeparator(); //<= 追加
}

プログラムを実行し、ボタン(Button1)を押します。

Screen->Fontsは、TStrings*を返します。
CodeSite Live Viewerで「Screen->Fonts」を選択すると、Inspector PanelにはScreen->Fontsの値が表示されます。

Unit1.cppのButton1Clickにコードを追加します。

CodeSite->SendError("Last Name not specified");
CodeSite->SendNote("Need to demo EnterMethod and ExitMethod next");

Button1Clickのコード

void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
  CodeSite->Send("My first message");
  CodeSite->Send("Button1->Width", Button1->Width);
  CodeSite->Send("Form1", Form1);
  CodeSite->Send("Screen->Fonts", Screen->Fonts);
  CodeSite->AddSeparator();
  CodeSite->SendError("Last Name not specified"); //<= 追加
  CodeSite->SendNote("Need to demo EnterMethod and ExitMethod next"); //<= 追加
}

プログラムを実行し、ボタン(Button1)を押します。

CodeSite Live ViewerにErrorとNoteが追加されます。

Unit1.cppのButton1Clickの先頭に次のコードを追加します。

CodeSite->EnterMethod(this, "Button1Click");

csnと入力し、[Ctrl]+[J]キーを押すと、「CodeSite->EnterMethod( this, “method” );」と補完されます。

Unit1.cppのButton1Clickの末尾に次のコードを追加します。

CodeSite->ExitMethod(this, "Button1Click");

csxと入力し、[Ctrl]+[J]キーを押すと、「CodeSite->ExitMethod( this, “method” );」と補完されます。

void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
  CodeSite->EnterMethod(this, "Button1Click"); //<= 追加
  CodeSite->Send("My first message");
  CodeSite->Send("Button1->Width", Button1->Width);
  CodeSite->Send("Form1", Form1);
  CodeSite->Send("Screen->Fonts", Screen->Fonts);
  CodeSite->AddSeparator();
  CodeSite->SendError("Last Name not specified");
  CodeSite->SendNote("Need to demo EnterMethod and ExitMethod next");
  CodeSite->ExitMethod(this, "Button1Click"); //<= 追加
}

プログラムを実行し、ボタン(Button1)を押します。

EnterMethodとExitMethodはメソッドの開始と終了の場所を示します。

CodeSite Live Viewerは、EnterMethodとExitMethodの間に送られたメッセージをインデントして表示します。

「C++Builder XEでCodeSite Expressを使用する」目次

コメント

  1. Pingback: C++Builder XEでCodeSite Expressを使用する(2)File Logging チュートリアル « 山本隆の開発日誌

  2. Pingback: C++Builder XEでCodeSite Expressを使用する(3)CodeSite Live/File Viewreのログを見やすくする « 山本隆の開発日誌

  3. Pingback: C++Builder XEでCodeSite Expressを使用する(4)CodeSiteの主要なメソッド « 山本隆の開発日誌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください