Ruby on Rails 2.1.0公開で、2.0系は切り捨てか

Ruby on Rails 2.1.0が公開されたようだ。
そうすると、Ruby on Rails 2.0.2は大量のバグを抱えたまま開発は終了になるのか。

2.0系が安定したら、1.2系から乗り換えようと考えていたチームも少なくないはず。

安定している1.2系はもう古いし、2.0系はバグが放置されたまま。
2.1系は安定するまで、まだ時間がかかるだろう。
どのバージョンを使うのか、難しい選択に迫られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください