RAD Studio XE スニークプレビュー プレビュー #1を見ました。

RAD Studio XE スニークプレビュー プレビュー #1を見ました。
新製品の情報を見るとわくわくします。
9月初旬発売なんですね。

バージョン2011は名称が「RAD Studio XE」になるとのこと。

さて新機能ですが、RAD Studio XEではSubversionがIDEに統合されます。
IDEからSubversionのすべての操作が行えます。

今やバージョン管理はソフトウェア開発の常識。
ようやく統合されたのか、という印象です。
でもやっぱりIDEに統合されると、他のツールを行ったり来たりしないですむので、何かと便利。

モデリングの機能が強化され、クラス図とシーケンス図の生成機能が追加されました。
シーケンス図はすごいですね。見た目にインパクトがありました。

そういえば、モデリングの機能は全然使っていません。
C++Builder 2010のモデルビューって、一部のクラスしか表示されませんよね。
あのあたりの挙動がよくわかりません。

第2回、第3回のスニークプレビューも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください