RAD Studio Roadmapによると

Owl’s perspective: RAD Studio Roadmap 2010/08版」より。

現時点ではPulsarは2011年、Wheelhouseは2012年、Commodoreは2013年と考えるのが妥当かと。

MacOS XサポートもLinuxサポートもx64サポートも、まだ先の話のようです。
残念。
そうすると、C++Builder XEの魅力は乏しくなりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください