Delphi “Fulcrum” フィールドテストプログラム

Delphi / C++Builder 次期バージョン “Fulcrum” リリースに向けて、フィールドテスターを募集しています。

Delphi “Fulcrum” フィールドテストプログラムのご案内

Delphi / C++Builder 次期バージョン “Fulcrum” リリースに向けて、フィールドテスターを募集します。

注目点はここ。

さらに今回は、マルチプラットフォームサポートを重要なフォーカスとしているため、複数バージョンの Windowsプラットフォームのほかに、Mac OS X、Linuxの主要なディストリビューションをテスト環境として利用できる方を募集します。

Delphi/C++Builder 2011は、Windows / Mac OS X / Linuxのマルチプラットフォームをサポートするんですね!

といっても、私はMacは持っていないし、Linuxも最近は全然使わないので、関係ないような気もします。(汗

コメント

  1. >Delphi/C++Builder 2011は、Windows / Mac OS X / Linuxのマルチプラットフォームをサポートするんですね!
    をを、ついにマルチプラットホーム化か。
    何使っているんだろうか?Mono?破談になったwxWidgets?
    マルチプラットフォームでIDEが使えるのなら嬉しいぞ。
    最近すっかりC++Builderから遠ざかって
    Python > g++ with cmake > VC++ with cmake > C++Builderの頻度になっている。

  2. ロードマップが公開されました。
    http://edn.embarcadero.com/article/40588

    開発中のプロジェクト
    * Fulcrum … MacOS X対応
    * Sheelhouse … Linux対応
    * Commodore … 64bit対応
    * Chromium … 開発環境の向上

    2011ではどこまで対応できるのか、続報待ちですね。

  3. Road Mapによると、Qtベースみたいで、LinuxはOSXの後らしい。
    うっく、先日iBook G4にUbuntu 10.04入れたのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください