Delphi/C++Builder XE の注意事項をチェック

先日リリースされたC++Builder XEをなかなか試す時間がとれません。涙。

いつでも使い始められるようにリリースノートにある注意事項をチェックしました。

気になるところをメモ。

  • Windows Vistaに関する注意事項
    • Windows Vistaにインストールする場合は管理者権限で。

    • TAnimateコンポーネントを使用するには、TShellResourcesコンポーネントが必要。

    • UAC が有効になっているVistaで、実行可能ファイル名に “setup”、”update”、または “install” が含まれる場合、IDE が System Administrator アカウントで起動されていない限り、そのプログラムをデバッグできない。

    Windows 7はどうなのだろう。

  • C++Builder に関する注意事項

    • System.UnicodeString.t_str() が_TCHAR マッピングに関係なく、常にwchar_t*を返すようになった。

    • コード補完がおかしいときはプロジェクトを再びメイクする。

    • DesignIntf/DesignEditorsを使ったDelphiユニットを使うときは、[コンパイル時に使用するパッケージ]コンボボックスにDesignIDEを追加する。

  • VCL/RTL に関する注意事項

    • SizeOf(TNotifyIconData)ではなく、TNotifyIconData.SizeOfメソッドを使う。
      Windowsのバージョンごとの違いを吸収してくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください