Google App Engine用フレームワーク Kay のJinja2で自作のフィルターを使う

Google App Engine用フレームワークKayのテンプレートエンジンJinja2で自作のフィルターを使う方法。

フィルター使用するには、settings.JINJA2_FILTERSに使用するフィルター登録します。

Kayに用意されている「kay.utils.filters.nl2br」を「nl2br」という名前で登録する例。

settings.py

JINJA2_FILTERS = {
    'nl2br': 'kay.utils.filters.nl2br',
}

使用例

myapp/template/index.html

{{ text|nl2br }}

自作のフィールターの作成は、通常の関数と同じです。

myapp/filters.py

def sample_filter(s):
    return '[' + s + ']'

settings.py

JINJA2_FILTERS = {
    'sample_filter': 'myapp.filters.sample_filter',
}

使用例

myapp/template/index.html

{{ text|sample_filter }}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください