BDS2006(BCB)でWinHelpを使う

C++ Builder 6 で作成したプロジェクトを Borland Developer Studio 2006 に更新すると、ヘルプファイルを開けなくなる。

Application->HelpContext() などでヘルプを表示しようとすると、「状況関知型ヘルプがインストールされていません。」というエラーメッセージが表示されるようになった。

原因は、標準のヘルプシステムが WinHelp から HTMLHelp に変更されたため。

Borland Developer Studio 2006 で WinHelp を使用するには、Main フォームに次の行を追加する。

#pragma link "WinHelpViewer"

これで、C++ Builder 6 と同じように WinHelp を使用することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください