WindowsのATOKで日本語入力のON/OFFを変換/無変換キーに割り当てる

Windowsでは「全角/半角」キーを押して日本語入力のON/OFFを切り替えます。

「変換」キーで日本語入力をONに、「無変換」キーで日本語入力をOFFにするように設定すると、現在の日本語入力の状態がONかOFFかを意識する必要がなくなり、入力切り替えのトラブルがなくなります。

Windows 10のATOK 2017で、変換キーを押すと日本語入力をONにし、無変換キーを押すと日本語入力をOFFにする設定方法です。
他のバージョンのATOKも同じ手順で設定できます。

タスクバーのATOKのメニューアイコンをクリックして、ポップアップメニューから「プロパティ(環境設定)」を選択、または日本語入力をONにして「CTRL+F12」キーを押します。

「ATOKプロパティ」画面が表示されました。

「キー・ローマ字・色」タブを選択し、スタイル一覧から「キーカスタマイズ」ボタンを押します。

「ATOKキーカスタマイズ」画面が表示されました。

「機能を検索」ボタンを押します。

「検索」画面が表示されました。

機能一覧から「日本語入力ON」を選択して、「OK」ボタンを押します。

「ATOKキーカスタマイズ」画面に戻りました。
「設定一覧」では、「日本語入力ON」が選択されています。

「変更」ボタンを押します。

「キーの変更」画面が表示されました。

「メニュー」から「キーボードから変更」を選択します。

「キーボード入力から変更」画面が表示されました。

キーボードの「変換」キーを押します。

「キーの変更」画面に戻ります。

「OK」ボタンを押します。

確認画面が表示されたら、「はい」を選択します。

「ATOKキーカスタマイズ」画面に戻ります。

「日本語入力ON」に「変換」キーが割り当てられました。

同様にして、「日本語入力OFF」に「無変換キー」を割り当てます。

以上で設定完了です。

快適な日本語入力を。

VMWare Workstation(Player) 12でゲストOSがWindows10のとき共有フォルダーが使用できない問題と対策

VMWare Workstation(Player) 12では、ゲストOSがWindows10のとき共有フォルダーができないことがあります。

対策は、公式サイトに書かれているように、一度VMware Toolsをアンインストールしてから、再度VMware Toolsをインストールします。

  1. ゲスト OS から VMware Tools をアンインストールします。
  2. 仮想マシンを再起動します。
  3. VMware Tools を再インストールします。

Windows 10で日本語入力システムが変更されてしまうの対策

Windows 10を使っていて、意図せず、日本語入力がATOKからMicrosoft IMEに変わってしまうことがある。

原因は、日本語入力を切り替えるキーを押してしまっているため。

そこで、設定を変更して、日本語入力の切り替えを無効にする。

  1. Windowsのスタートボタンを右クリックして、「コントロールパネル」を選択する

    001

  2. 「入力方法の変更」を選択する

    002

  3. 「詳細設定」を選択する

    003

  4. 「入力方式の切り替え」の「言語バーのホットキーの変更」をクリックする

    004

  5. 「キーシーケンスの変更」ボタンをクリックする

    005

  6. 「キーボードレイアウトの切り替え」の「割り当てなし」をチェックする

    006

  7. 「OK」ボタンをクリックする

以上で、設定完了です。

Tポイントの個人情報の第三者提供を止めるには

Tポイントの個人情報の第三者提供を止める手続きをしていない場合、業者が手数料を支払い開示請求をすれば、個人情報の中身を確認できるそうです。

Tポイントの個人情報の第三者提供を止める手続きについては、次のページをご覧ください。