PowerShellでスクリプトを実行するとセキュリティエラーになるときの対策

対策

次のコマンドを実行します。

> Set-ExecutionPolicy Unrestricted -Scope CurrentUser

または

> Set-ExecutionPolicy Bypass -Scope CurrentUser

解説

PowerShellでスクリプトを実行すると、次のようなエラーになることがあります。

> nodist -v
nodist : このシステムではスクリプトの実行が無効になっているため、ファイル C:\Program Files (x86)\Nodist\bin\nodist.ps1
を読み込むことができません。詳細については、「about_Execution_Policies」(https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135170
) を参照してください。
発生場所 行:1 文字:1
+ nodist -v
+ ~~~~~~
    + CategoryInfo          : セキュリティ エラー: (: ) []、PSSecurityException
    + FullyQualifiedErrorId : UnauthorizedAccess

このエラーが発生する理由は、PowerShellの実行ポリシーにあります。
既定の実行ポリシーは”Restricted”で、これは制限の厳しいポリシーです。

ポリシーには次のものがあります。

  • Restricted
  • AllSigned
  • RemoteSigned
  • Unrestricted
  • Bypass
  • Undefined

各ポリシーの詳細は「about_Execution_Policies」を御覧ください。

現在のポリシーは次のコマンドで確認できます。

> Get-ExecutionPolicy
Restricted

実行ポリシーを変更するには、次のコマンドを実行します。

> Set-ExecutionPolicy 設定するポリシー -Scope CurrentUser

例えば、ポリシーをBypassに変更するときは次のコマンドを実行します。

> Set-ExecutionPolicy Bypass -Scope CurrentUser

Delphi 10.1 BerlinのFireMonkeyでベジェ曲線を使って円を描くサンプルプログラム

Delphi 10.1 BerlinのFireMonkeyでベジェ曲線を使って円を描くサンプルプログラムです。

Windowsの実行画面

Androidの実行画面

Delphi 10.1 BerlinのFireMonkeyによるベジェ曲線のサンプル

Delphi 10.1 BerlinのFireMonkeyによるベジェ曲線のサンプルです。

[ R190_単純なベジェ曲線の操作例 ] – Mr.XRAYを参考にしました。

Windowsの実行画面

Androidの実行画面

VMWare Workstation(Player) 12でゲストOSがWindows10のとき共有フォルダーが使用できない問題と対策

VMWare Workstation(Player) 12では、ゲストOSがWindows10のとき共有フォルダーができないことがあります。

対策は、公式サイトに書かれているように、一度VMware Toolsをアンインストールしてから、再度VMware Toolsをインストールします。

  1. ゲスト OS から VMware Tools をアンインストールします。
  2. 仮想マシンを再起動します。
  3. VMware Tools を再インストールします。