Windows8にNetBeansでPHPの開発環境を作成する

NetBeansでPHPの開発環境を作成する手順をまとめた。

XAMPP for Windowsのインストール。

NetBeansにはPHPやApacheが含まれていないため、あらかじめ用意する必要がある。
XAMPP for Windowsで、PHP・Apache・MySQLをまとめてインストールする。

XAMPP for WindowsからXAMPP Windows版をダウンロードする。

XAMPP for Windows

ダウンロードしたら、プログラムを実行してインストールする。
インストールの設定は初期値のままで問題ない。

Xdebugの設定

初期設定ではXdebugは無効になっていて、NetBeansのデバッグ機能が使えない。

PHPの設定を変更し、Xdebugを有効にする。

PHPの設定ファイル(C:\xampp\php\php.ini)を開き、ファイルの終わりの部分にある[XDebug]のセクションを編集する。

[XDebug]
zend_extension = "C:\xampp\php\ext\php_xdebug.dll"
xdebug.remote_enable = on
xdebug.remote_handler = "dbgp"
xdebug.remote_host = "127.0.0.1"
xdebug.trace_output_dir = "C:\xampp\tmp"

XAMPP Control PanelからApacheを実行し、エラーがないことを確認する。

XAMPP Control Panel

http://localhost/にアクセスし、XAMPP for Windowsの画面が表示されればOK。

http://localhost/

Javaのインストール

NetBeansを実行するにはJavaが必要になる。
あからじめJavaをインストールしておく。

java.comからJavaをダウンロードしてインストールする。

##NetBeansのインストール

NetBeansのサイトからPHP用のNetBeansをダウンロードします。

NetBeans

ダウンロードが完了したら、インストーラを実行してインストールする。

NetBeansの設定

NetBeansを起動して、メニューの「ツール」→「オプション」を選択する。

PHPを選択する。

一般タブの「PHP 5インタプリタ」の欄に「C:\xampp\php\php.exe」と入力する。

PHP 5インタプリタの設定

「OK」ボタンを押して設定を登録する。

以上で、NetBeansでPHPアプリケーションを開発する準備ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です