Windows版Visual Studio Code 1.9.0でターミナルをPowerShellからcmd.exeに変更するには

Windows版Visual Studio Code 1.9.0で「Ctrl+@」キーを押して統合ターミナルを開くと、cmd.exeでなくPowerShellになっていました。

cmd.exeを使用するには、次の設定を行います。

  1. メニューの「ファイル」→「基本設定」→「ユーザー設定」を選択して、設定ファイルを開きます。

  2. 次のコードを追加します。

    "terminal.integrated.shell.windows": "C:\\WINDOWS\\Sysnative\\cmd.exe"
    

Visual Studio CodeのキーマップをDelphiのキーマップにするには

Visual Studio Codeを起動して、メニューから[ファイル]→[基本設定]→[キーマップ拡張機能]を選択します。

[Delphi Keymap]の[インストール]をクリックしてインストールします。

[Delphi Keymap]を選択するとキーマップの設定を確認できます。

Visual Studio CodeでHTMLを整形するには

Visual Studio CodeでHTMLを整形するには「Shift+Alt+F」キーを押します。

範囲を選択している場合は選択範囲を、選択していない場合はコード全体を整形します。

次のようなコードに対して、

FormatHTML01

「Shift+Alt+F」キーを押すと次のようになります。

FormatHTML02

Linux Mint 17.3にVisual Studio Codeをインストールする

debファイルからインストールする方法と、Ubuntu Makeでインストールする方法を紹介します。

debファイルからインストールする

Visual Studio Codeのダウンロードページから、「deb」ファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたら、次のコマンドでインストールします。

sudo dpkg -i vscode-amd64.deb

インストールが終わったら、起動できることを確認します。

code .

以上でインストール出来ました。

Ubuntu Makeでインストールする

Ubuntu Makeをインストールします。

sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-desktop/ubuntu-make
sudo apt-get update
sudo apt-get install ubuntu-make

インストールできたことを確認します。

umake --help

Visual Studio Codeをインストールします。

umake ide visual-studio-code

インストールが始まると、Visual Studio Codeのインストール場所の問い合わせがあります。
初期値のままで良ければ、Enterキーを押します。

Choose installation path: /home/yamamoto/.local/share/umake/ide/visual-studio-code

次に、ライセンスの同意を求められます。
同意する場合はaキーを押します。

[I Accept (a)/I don't accept (N)] a

ダウンロードとインストールが始まります。

インストールが終わったら、起動できることを確認します。

code .

以上でインストール出来ました。