VMWare PlayerにインストールしたLinux MintにVMWare-Toolsをインストールする

Linux Mintをインストールした後、パッケージリストを更新する

sudo apt-get update

VMWare PlayerのVMWare Toolsではなく、open-vm-tools-desktopをインストールする。

sudo apt-get install open-vm-tools-desktop

インストールが終わったら再起動する

reboot

以上。

LinuxMintで画面をロックしないように設定をする

パソコンを一定時間使用しないと、画面がロックされ、ロックを解除するためにパスワードを入力することになります。

Linux Mint 17.3で画面をロックしないようにするには、次の手順で設定します。

  1. 「メニュー」→「設定」→「スクリーンセーバー」を選択します。

  2. 「スクリーンセーバーを起動したら画面をロックする」のチェックを外します。

linuxmint_screenlock01

linuxmint_screenlock02

linux MintのFcitxで変換キー・無変換キーでオン・オフを切り替える

「Menu」→「コントロールセンター」→「Fcitx 設定」を選択する。

Screenshot at 2016-05-28 13_01_03

「全体の設定」タブを選択する。

「拡張オプションの表示」をチェックする。

Screenshot at 2016-05-28 12_49_37

「入力メソッドをオンに」の「空」のボタンを押す。
「設定したいキーの組み合わせを押してください」と表示されるので、変換キーを押す。

「入力メソッドをオフに」の「空」のボタンを押す。
「設定したいキーの組み合わせを押してください」と表示されるので、無変換キーを押す。

Screenshot at 2016-05-28 12_43_20

以上で設定できました。

Linux Mint 17.3にVisual Studio Codeをインストールする

debファイルからインストールする方法と、Ubuntu Makeでインストールする方法を紹介します。

debファイルからインストールする

Visual Studio Codeのダウンロードページから、「deb」ファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたら、次のコマンドでインストールします。

sudo dpkg -i vscode-amd64.deb

インストールが終わったら、起動できることを確認します。

code .

以上でインストール出来ました。

Ubuntu Makeでインストールする

Ubuntu Makeをインストールします。

sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-desktop/ubuntu-make
sudo apt-get update
sudo apt-get install ubuntu-make

インストールできたことを確認します。

umake --help

Visual Studio Codeをインストールします。

umake ide visual-studio-code

インストールが始まると、Visual Studio Codeのインストール場所の問い合わせがあります。
初期値のままで良ければ、Enterキーを押します。

Choose installation path: /home/yamamoto/.local/share/umake/ide/visual-studio-code

次に、ライセンスの同意を求められます。
同意する場合はaキーを押します。

[I Accept (a)/I don't accept (N)] a

ダウンロードとインストールが始まります。

インストールが終わったら、起動できることを確認します。

code .

以上でインストール出来ました。

Linux Mint 17.3でゴミ箱を表示するには

「メニュー」→「コントロールセンター」→「デスクトップの設定」を選択します。

Screenshot at 2016-05-28 12_56_54

「ゴミ箱」にチェックを入れて、「閉じる」ボタンを押します。

Screenshot at 2016-05-28 12_57_05

ゴミ箱が表示されました。

Screenshot-at-2016-05-28-12

VMWare PlayerにUbuntu 12.04をインストールする

VMWare PlayerにUbuntu 12.04をインストールしたときのメモ。

Ubuntu 12.04のダウンロードする

Ubuntu Japanese Teamの仮想ハードディスクイメージのダウンロードのページから仮想ハードディスクのイメージをダウンロードして、展開します。

31

仮想ハードディスクのイメージをVMWare形式に変換する

ダウンロードした仮想ハードディスクイメージはVirtualBox用の形式です。
これをVMWare形式に変換します。

仮想ハードディスクイメージの変換にはNHCを使用します。
NHCからプログラムをダウンロードして、展開します。

32

NHC.exeを起動します。

変換元ファイルに、ダウンロードしたUbuntu 12.04の仮想ハードディスクイメージを指定します。

01

変換先の形式には「VMWare VMDK」を選択します。

02

virtualHWVersionを最新の「10」に変更します。

03

変換先ファイル名を選択します。

04

変換処理が始まります。

05

しばらくすると無事に変換処理が完了します。

06

VMWare Playerの新しい仮想マシンを作成する

VMWare Playerを起動し、「新規仮想マシンの作成」を選択します。

10

インストール元は「後でOSをインストール」を選択します。

11

ゲストOSは「Linux」を選択して、バージョンは「Ubuntu 64ビット」を選択します。

12

後は適当に作成します。

13

14

15

作成した仮想マシンを選択して、「仮想マシン設定の編集」を選択します。

20

ハードディスクを削除します。

22

ハードディスクを追加します。

23

24

25

26

ディスクファイルには、変換した仮想ハードディスクイメージを指定します。

27

28

「仮想マシンの再生」をクリックすると、Ubuntu 12.04のインストールが始まります。

VMWare Toolsのインストール

Ubuntuが起動したら、VMWare Toolsをインストールします。

メニューの「Player」→「管理」→「VMWare Toolsのインストール」を選択します。

41

VMwareTools-X.X.X-XXXXXXX.tar.gzをデスクトップに展開します。

42

43

44

vmware-install.plを実行します。

sudo ./デスクトップ/vmware-tools-distrib/vmware-install.pl

45

インストールの設定はすべて標準のままEnterキーを押します。
すべての設定が終わるとインストールが始まります。

これでインストール完了です。

VineLinux4.2にRuby-GetText-Packageが用意されていた

VineLinux4.2にRuby-GetText-Packageが用意されていました。

apt-get install ruby-gettext-package

でインストールできます。
バージョンは0.8.0。ちょっと古いみたいです。

VineLinux4.2にRubyGemsのパッケージが用意されてた

VineLinux4.2にRubyGemsのパッケージが用意されてた。
いつのまに。

ということで、

apt-get install rubygems

で、RubyGemsを必要なパッケージもまとめてインストールできました。

$ gem -v
0.9.2

ちょっと古いですね。