macOSにJavaをインストール/アンインストール/複数Javaの切り替えをする

macOSにJavaをインストール/アンインストール/複数Javaの切り替えをする

Homebrewを使うとJavaの管理が簡単にできる。

Javaをインストールする

Homebrewをインストールしていない場合はインストールする

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

homebrew-cask-versionsをインストールしていない場合はインストールする。

$ brew tap caskroom/versions

インストール可能なJavaを確認する

$ brew search java
==> Formulae
app-engine-java java11 jslint4java
google-java-format javacc libreadline-java
java javarepl pdftk-java
==> Casks
charles-applejava java netbeans-java-se
eclipse-java java-beta oracle-jdk-javadoc
eclipse-java java11 oracle-jdk-javadoc
eclipse-javascript java6 yourkit-java-profiler
eclipse-javascript netbeans-java-ee yourkit-java-profiler
font-noto-sans-javanese netbeans-java-ee
java netbeans-java-se

Java8をインストールする

$ brew cask install java8

インストールされているJavaを表示する

$ /usr/libexec/java_home -V
Matching Java Virtual Machines (1):
1.8.0_242, x86_64: "AdoptOpenJDK 8" /Library/Java/JavaVirtualMachines/adoptopenjdk-8.jdk/Contents/Home

/Library/Java/JavaVirtualMachines/adoptopenjdk-8.jdk/Contents/Home

Javaをアンインストールする

単純に削除するだけで良い。

$ sudo rm -rf /Library/Java/JavaVirtualMachines/adoptopenjdk-13.0.2.jdk

使用するJavaを設定する

$ /usr/libexec/java_home -v "1.8"
/Library/Java/JavaVirtualMachines/adoptopenjdk-8.jdk/Contents/Home

設定されているJavaを確認する

$ java -version
openjdk version "1.8.0_242"
OpenJDK Runtime Environment (AdoptOpenJDK)(build 1.8.0_242-b08)
OpenJDK 64-Bit Server VM (AdoptOpenJDK)(build 25.242-b08, mixed mode)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください