LaravelでPDFファイルを作成し、ダウンロードする

Laravel-PDF-Sample

LaravelでPDFファイルを作成し、ダウンロードする

サンプルコード

tFPDF

tFPDFFPDFをUTF-8サポートしたライブラリ。

公式のcomposerのパッケージはないが、非公式なパッケージならいくつか見つかる。

今回はdocnet/tfpdfを使用する。

インストール

docnet/tfpdfをインストールする。

$ composer require docnet/tfpdf

日本語フォントの設定

tFPDFで使用する日本語フォントを設定する。

resourcesフォルダーにfontフォルダーを作成し、その中にunifontフォルダーを作成する。

$ mkdir -p resources/font/unifont

unifontフォルダーのアクセス権を設定する。
設定しなくても動作するが、設定するとフォントの設定がキャッシュされ、実行速度が向上する。

$ chmod 755 resources/font/unifont

unifontフォルダーの中に使用するフォントファイルを配置する。
ここではmplusフォントを使用する。

resources/
    font/
        unifont/
            mplus-1p-regular.ttf

フォントを配置したフォルダーをfTPDFに反映する。

configフォルダーにtfpdf.phpを作成し、定数FPDF_FONTPATHにフォントフォルダーのパスを設定する。

<?php
if (!defined('FPDF_FONTPATH')) {
    define(
        'FPDF_FONTPATH',
        dirname(__DIR__) . DIRECTORY_SEPARATOR . 'resources' . DIRECTORY_SEPARATOR . 'font' . DIRECTORY_SEPARATOR
    );    
}

PDFの作成

PDFを作成してダウンロードさせる。

コードの説明は、ソースコード内のコメントを参照。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use Illuminate\Support\Facades\Response;
use tFPDF\PDF;

class HomeController extends Controller
{
    public function index()
    {
        $pdf = new PDF();
        $pdf->AddPage('L','A4');

        // フォントの追加(第4引数をtrueにしてUTF-8を有効にする)
        $pdf->AddFont('mplus-1p-regular', '', 'mplus-1p-regular.ttf', true);
        $pdf->SetFont('mplus-1p-regular', '', 28);

        // テキストを追加
        $pdf->Write(8, 'test');

        // ページを追加
        $pdf->AddPage('P','A4');

        // 画像を追加(storage/image/01.jpgをPDFに追加する)
        $pdf->Image(storage_path('image/01.jpg'), 0, 0, 210, 297);

        return Response::make(
            $pdf->Output(),
            200,
            [
                'Content-Type' => 'application/pdf',
                'Content-Disposition' => 'inline; filename="sample.pdf"'
            ]
        );
    }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください