CGIKit 2.xを手動でインストールする

CGIKit 2.xを手動でインストールする

ローカルの開発環境ではCGIKit 2.xをインストールできても、実際に動作させるサーバではインストールできない場合もよくあります。

そういう場合のインストール方法。

ckproject でプロジェクトを作成した場合、次のようなディレクトリが作られます。

Sampleプロジェクトを作成すると、

ckproject Sample

ディレクトリ階層は、こうなる。

Sample/
components/
lib/
resources/

ckprojectによって作られたソースコードには、libディレクトリを$LOAD_PATHに追加するコートがあります。

$LOAD_PATH.unshift(‘lib’)

したがって、libディレクトリにライブラリを置けば、setup.rbでインストールしたときと同じように、ライブラリをロードできます。

[cgikit-2.0.0-preview-1.tar.gz][1] をダウンロードして、cgikit-2.0.0-preview-1フォルダに展開したとします。

Sample/lib/ ディレクトリに、cgikit-2.0.0-preview-1/lib/ディレクトリのファイルをすべてコピーすれば、完了です。

Sample/
components/
lib/
cgikit/
components/
CKErrorPage/
elements/
lang/
project/
templates/
en/
ja/
uconv/
resources/

[1]: https://sourceforge.jp/projects/cgikit/files/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください