macOSをバージョンアップしたらgitが使えなくなったときの対策

MacのOSをmacOS Mojaveにアップデートしたら、gitを使おうとするとエラーメッセージを表示するようになった。

$ git --version
xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun

このようなエラーメッセージが表示されたら、「code-select –install」を実行して、インストールすると良いらしい。

$ xcode-select --install
xcode-select: note: install requested for command line developer tools

インストールが完了したら、使えるようになった。

$ git --version
git version 2.17.1 (Apple Git-112)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください