node.jsでUTF-8のテキストファイルに書き込む

UTF-8のテキストファイルに書き込むには、次の関数を使用します。

Shift_JISのテキストファイルに書き込む方法は、「node.jsでShift_JISのテキストファイルに書き込む」をご覧ください。

fs.writeFileSync(file, data[, options])

fs.writeFileSync(file, data[, options])は、同期書き込みします。

引数にファイル名、保存する文字列、文字コードを渡します。

const fs = require('fs');

// ファイル名
const file = 'utf8のテキストファイル.txt';
// データ
const data = 'utf8の文字列です。';
// 文字コード
const charset = 'utf8';
// テキストファイルに書き込む
fs.writeFileSync(file, data, charset);

fs.writeFile(file, data[, options], callback)

fs.writeFile(file, data[, options], callback)は、非同期書き込みします。

引数にファイル名、保存する文字列、文字コードを渡します。

コールバック関数は引数にエラーオブジェクトを取ります。

const fs = require('fs');

// ファイル名
const file = 'utf8のテキストファイル.txt';
// データ
const text = 'utf8の文字列です。';
// 文字コード
const charset = 'utf8';
// テキストファイルに書き込む
fs.writeFile(file, text, charset, (err) => {
  if (err) {
    console.log(err);
  } else {
    console.log('保存しました。');
  }
});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.