node.jsでUTF-8のテキストファイルを読み込む

UTF-8のテキストファイルを読み込むには、次の関数を使用します。

Shift_JISのファイルを読み込む方法は、「node.jsでShift_JISのテキストファイルを読み込む」をご覧ください。

fs.readFileSync(path[, options])

fs.readFileSync(path[, options])は、引数pathにファイル名を取ります。

オプションの引数optionsには、テキストファイルの文字コードを指定します。

文字コードは次のものを指定できます。(ソースコードより)

  • utf8
  • utf-8
  • ucs2
  • ucs-2
  • ascii
  • utf16le
  • utf-16le
  • latin1
  • base64
  • hex

文字コードutf-8のテキストファイルを読み込むコートです。

const fs = require('fs');

const text = fs.readFileSync('utf8.txt', 'utf8');
console.log(text);

fs.readFile(path[, options], callback)

fs.readFile(path[, options], callback)は、引数pathにファイル名を取ります。

オプションの引数optionsには、テキストファイルの文字コードを指定します。

コールバック関数callbackは、引数にエラーオブジェクトと読み取ったデータを受け取ります。

文字コードutf-8のテキストファイルを読み込むコートです。

const fs = require('fs');

const path = 'utf8.txt';

fs.readFile(path, 'utf8', (err, data) => {
  if (err) throw err;
  console.log(data);
});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.