Windows Updateの強制的な再起動によるデータの消失を避けたい

Windows Updateの強制的な再起動によるデータの消失を避けたいので、再起動を回避する方法を調べました。

3つの方法を紹介します。

  1. アクティブ時間を設定する
    指定した時間内は再起動しません。

  2. 再起動の前に通知を行う
    再起動前に通知を表示します。

  3. 更新しない
    Windows Updateの更新を停止します。

アクティブ時間を設定する

パソコンを使用する時間帯をアクティブ時間に設定します。

アクティブ時間の間は自動的に再起動することはありません。

  1. 「スタート」ボタン→「設定」をクリックします。
    「設定」画面が表示されます。

  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。

  3. 左側のメニューから「Windows Update」をクリックします。

  4. 「アクティブ時間を変更します」をクリックします。
    「アクティブ時間」画面が表示されます。

  5. 「開始時刻」と「終了時刻」を設定し、「保存」ボタンを押します。

再起動の前に通知を行う

再起動する前に通知を出すように設定します。(初期状態では通知は出ません。)

  1. 「スタート」ボタン→「設定」をクリックします。
    「設定」画面が表示されます。

  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。

  3. 左側のメニューから「Windows Update」をクリックします。

  4. 「再起動のオプション」をクリックします。
    「再起動のオプション」画面が表示されます。

  5. 「追加の通知を表示」をクリックして「オン」にします。

更新しない

Professinal以上のエディションでは、Windows Updateの適用を最大35日間、一時停止することができます。

  1. 「スタート」ボタン→「設定」をクリックします。
    「設定」画面が表示されます。

  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。

  3. 左側のメニューから「Windows Update」をクリックします。

  4. 「詳細オプション」をクリックします。
    「詳細オプション」画面が表示されます。

  5. 「更新の一時停止」をクリックして、「オン」にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください