Google Apps Scriptを使ってみる(1)

Google Apps Scriptで使用できるJavaScript

JavaScript 1.6をベースに、1.7や1.8のいくつかの機能が使える。(Basic JavaScript features)

Apps Scriptはサーバーサイドで実行されるため、Window.alert()やWindow.console.log()などのWindow APIは使用できない。

Logger

Window.console.log()が使えない代わりに、Logger.log()が使える。

Logger.log("Hello");

出力したログは、エディターのメニュー「表示」→「ログ」で確認できる。

msgBox

Window.alert()やWindow.prompt()が使えない代わりに、Browser.msgBox()が用意されている。

function msgBox() {
    Browser.msgBox("Hello");
}

function msgBox_OkCancel() {
    var result = Browser.msgBox("Hello", Browser.Buttons.OK_CANCEL);
    Logger.log(result);
}

function msgBox_YesNo() {
    var result = Browser.msgBox("Hello", Browser.Buttons.YES_NO);
    Logger.log(result);
}

function msgBox_TitlePrompt() {
    var result = Browser.msgBox("title", "prompt", Browser.Buttons.YES_NO_CANCEL);
    Logger.log(result);
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください