開発環境Delphiに感染するウィルスInduc

開発環境Delphiに感染するウィルスInducが話題になっているようだ。

正直なところ、全く話題に上らないと予想していた。
というのも、このウィルスに関係のある人はほとんどいないからだ。

このウィルスに感染する可能性のある人は、Delphiのバージョン4/5/6/7のユーザに限られている。
Delphiを持っていない人は関係ない。
該当バージョン以外のDelphiも感染しない。

Delphi 4~7というのは5世代以上も前のバージョンである。
そんなに古いバージョンを使用している人はほとんどいないだろう。

  • 2008年 Delphi 2009
  • 2007年 Delphi 2007
  • 2005年 Borland Developer Studio 2006
  • 2004年 Delphi 2005
  • 2003年 Delphi 8
  • 2002年 Delphi 7
  • 2001年 Delphi 6
  • 1999年 Delphi 5
  • 1998年 Delphi 4

実際のところ、ほとんど被害はないのではないだろうか。

コメント

  1. こんにちは。
    確かに感染したDelphiユーザーは全世界でも百人単位で済みそうですね。
    ただし感染したDelphiアプリは万単位。
    (出典はトレンドマイクロのウィルスデータベースです。
    TROJ_INDUC.AAとPE_INDUC.A)

    最近1年くらいの間にバリバリと開発をしていて
    それなりに影響力のある開発者のアプリケーションと
    その利用者が影響を受けているという感じがします。

  2. 開発元のアナウンスがないようですが、1報ぐらい配ってもいいと思うんですけれど。
    私は持っていないですが、ホビーユーザーやシェアウエア、フリーウエア、コンポーネント製作者にはいっぱいいそうです。
    一応アンチウイルスで対応はされたようですが。
    http://blog.trendmicro.co.jp/archives/3011
    だそうです。

  3. 一応blogの方では出てはいるんですが、目立つ場所には有りませんね。
    http://blogs.embarcadero.com/teamj/2009/08/21/767/

    感染対象ファイルをVirusTotalに投げてみても未だに嫌疑出さない物が有りますから、「全社対応」じゃないので「ひっかからなかったから大丈夫」とはならないです。
    この例だと普段誤警告出しまくるK7Antivirus(国内だとウイルスセキュリティZERO)が今だに反応していないです。
    https://www.virustotal.com/jp/analisis/8d463ff6ca01a6c2191ce43b4fd613bacb85d0424398fe677a905793d5cb126e-1251251143

    感染ソフトによって、どのスキャナーが警告を出すか違っているのでまだ検体が足りないんでしょう。

  4. コメントありがとうございます。

    Delphiユーザー向けのソフトがこのウィルスに感染していたら、
    感染の被害は大きいかもしれませんね。

    ウィルス対策ソフトの対応が遅れているのですか。
    これが騒ぎを大きくしている原因の一つかもしれないですね。
    ウィルス対策ソフトは、多少高くても信頼できるものを選ばなければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください