Androidの画面をパソコンに表示するフリーソフトAndroid Screen Monitor

Androidアプリケーションをプレゼンテーションするため、実機の画面をWindowsパソコンに表示する方法を調べた。

Android Screen Monitorというフリーソフトが人気があるようだったので、試しに導入してみた。

Android Screen Monitor

パソコンはWindows 8.1を、Andoroid端末はNexus7を使用した。

動作に必要なソフト(Andoroidの開発環境)はRAD Studio XE6をインストールしたときに一緒にインストールされている。
環境変数のPATHを設定するだけで動作した。

ちなみに実行する手順は、

  1. JDKをインストールしてパスを通す

  2. Android SDKをインストールしてtoolsフォルダーとplatform-toolsのパスを通す

    C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\14.0\PlatformSDKs\adt-bundle-windows-x86-20131030\sdk\platform-tools
    C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\14.0\PlatformSDKs\adt-bundle-windows-x86-20131030\sdk\tools
    
  3. 「java -jar asm.jar」を実行する

Nexus7は画面が大きいのでパソコンのモニタからはみ出してしまう。
画面サイズは、ウィンドウの上で右クリックして表示されるポップアップメニューから変更できる。

画面の更新が遅いところが気になるが、仕方ないのかな。
しばらく使ってみることにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください