C++Builderで「[ilink32 エラー] Fatal: ファイル ‘VCL.IMAGING.JCONSTS.OBJ’ を開けません」の対処法

C++Builderでコンパイルしたときに、「[ilink32 エラー] Fatal: ファイル ‘VCL.IMAGING.JCONSTS.OBJ’ を開けません」のエラーが発生するときの対処法です。
# 英語のエラーメッセージは「[ILINK32 Error] Fatal: Unable to open file ‘VCL.IMAGING.JCONSTS.OBJ’ 」

簡単なのは、TImageコンポーネントにJPEGファイルを読み込むことです。

(1) メニューの「ファイル」→「新規作成」→「VCLフォーム – C++Builder」を選択して、新しいフォームを作成します。

01

(2) TImagecコンポーネントを配置します。

02

(3) TImagecコンポーネントのPictureプロパティにJPEGファイルを設定します。

03

04

(4) メニューから「ファイル」→「名前をつけて保存」を選択します。

05

ファイルを保存する必要はありません。

名前をつけて保存ダイアログが表示された段階で、プロジェクトにVCL.IMAGING.JCONSTS.OBJの設定が追加されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください