TIdAntiFreezeコンポーネントを配置したDelphiのフォームをC++Builder XE3に追加すると「[ilink32 エラー] Fatal: ファイル ‘DCLINDYCORE.LIB’ を開けません」

概要

TIdAntiFreezeコンポーネントを配置したDelphiのフォームをC++Builder XE3のプロジェクトに追加すると、dclIndyCore.libが開けないというilink32エラーが発生する。

動作環境

C++Builder XE3 Update 2で現象を確認しました。

再現手順

  1. VCLフォームアプリケーションを作成します。

    01

  2. DelphiのVCLフォームを追加します。

    02

    03

  3. DelphiのVCLフォームにTIdAntiFreezeコンポーネントを配置します。

    04

  4. プロジェクトをメイクします。

    05

  5. 「静的ライブラリが見つかりません。dclIndyCore.lib」というダイアログが表示されます。

    dclIndyCore.libというファイルは存在しないため、プログラムを実行することはできません。

    06

    [ilink32 エラー] Fatal: ファイル 'DCLINDYCORE.LIB' を開けません
    

回避策

回避策は不明です。
いい方法がありましたら教えてください。

最後に

たぶんQCに登録されていないと思います。
登録していただけると助かります。<(_ _)>

追記

DEKOさん(@ht_deko)に回避策をおしえていただきました。
また、QCにも登録していただきました。Voteお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください