webgen

[webgen][1]を試しました。欲しかったものにかなり近い。これはいいです。

[webgen][1]は、静的なHTMLを作成するツールです。

設定ファイルとソースファイルを用意し、コマンドを実行するとHTMLファイルを作成します。

物理的なディレクトリ階層をそのままWebサイトの階層に対応してくれます。パンくずリストも作成してくれます。

Markdown記法にも対応しており、設定ファイル(config.yaml)に次のような記述を追加すると、ソースファイルをMarkdown記法で記述できます。([BlueCloth][2]が必要)

PageHandler:
defaultContentFormat: markdown

今まで自作のツールを使ってきましたが、こちらに乗り換えようかと思案中です。

[1]: http://webgen.rubyforge.org/index.html
[2]: http://raa.ruby-lang.org/project/bluecloth/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください