EurekaLogのエラー報告方法について

EurekaLog」は、アプリケーションに不測のエラーや例外が発生すると、開発者に報告してくれるDelphi/C++Builder用のツール。

以前に導入するまでの記事を書きました。

今回はEurekaLogのエラー報告方法について、考えたこととまとめます。

エラーの報告方法は、メール・HTTP・FTTPS・FTP・バグ管理システムの方法があります。

今までにメールとHTTPの方法を使用しました。

  • メールによるエラー報告

    利用者のメールアドレスがわかるので、エラーを修正したことをお知らせしたり、エラーが発生したときの状況を尋ねることができます。

    利用者は自分のメールアドレスが開発者に知られることを気にするかもしれません。

  • HTTPによるエラー報告

    WebサーバーにCGIを用意して、エラー報告が届くと開発者宛にメールを送る仕組みを用意しています。
    CGIスクリプトはEurekaLogのヘルプファイルに簡単なサンプルが掲載されていました。

    利用者から見ると、自分のメールアドレスを知られることないので気楽にエラー報告できます。
    エラーを報告してもらいやすいことが長所です。

    欠点は、利用者と連絡が取れないことです。
    エラーを修正しても伝えることができず、エラーの状況が不明でも尋ねることができません。

利用者のエラー報告のしやすさを最優先して、現在はHTTPによるエラー報告を使用しています。
なによりもエラー報告をもらうことが大切だと思いますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください