C++Builder2010でFileAgeが非推奨のエンティティと警告されたとき

C++Builder2010でFileAge関数を使うと、

W8111 非推奨のエンティティ ‘_fastcall FileAge(const UnicodeString)’ にアクセスしている

という警告が表示されます。

FileAge関数には2種類あります。

int FileAge (const System::UnicodeString FileName);
bool FileAge(const System::UnicodeString FileName, System::TDateTime &FileDateTime);

このうち上のバージョンは非推奨になりました。
下のバージョンを使用するようにします。

TDateTime datetime;
if (FileAge(L"C:\\test.txt", datetime)) {
  //操作が成功した場合、datetimeにファイルのタイムスタンプが設定される
} else {
  //操作に失敗したとき
}

コメント

  1. 山本さん 初めまして青川と申します。
    助かりました。
    社内アプリの自動アップデートをする為にFileAgeを使っており、しばらく前から上記のメッセージが出ていましたが無視していました。
    「非推奨のエンティティ」が出なくなっただけで何かすっきりしました。
    ありがとう。

  2. 青川さん。
    どういたしまして。
    お役に立つことができて嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください