nextCSVを使って、ExcelにCSVファイルのデータを取り込むとき8桁の数字を日付にする方法

nextCSVを使って、ExcelにCSVファイルのデータを取り込むとき8桁の数字を日付にする方法を解説します。

CSVファイルの日付の列が「20100219」のように数字で構成されている場合、CSVファイルをExcelで開いても、数値として認識されます。

Excelで開いたときに日付として認識されるように、CSVファイルのセルの値を変換する方法を紹介します。

今回紹介する処理を行うには、nextCSV バージョン2.1.0以降のバージョンが必要です。

  1. nextCSVを起動して、CSVファイルを開きます。

  2. 日付のセルをダブルクリックして列編集画面を表示します。

  3. 変換条件設定の「追加」ボタンを押し、値変換条件編集画面を表示します。

  4. プルダウンメニューから「セルの値を正規表現で置換する」を選択します。

  5. 検索文字列欄に次のように入力します。

    (\d\d\d\d)(\d\d)(\d\d)
    
  6. 置換文字列欄に次のように入力します。
    $1/$2/$3
    

  7. 「OK」ボタンを押し、列編集画面に戻ります。

  8. 「OK」ボタンを押し、メイン画面に戻ります。

  9. プレビュー欄でセルの値が日付形式になっていることを確認します。

  10. メニューの「変換」→「CSVファイルの作成」を選択します。

  11. ファイル名を指定して保存します。

以上で、CSVファイルの列の値が日付形式に変換できました。

作成したCSVファイルをExcelで開くと、日付として認識されます。

同じ作業を繰り返し行う場合は、nextCSVの自動実行バッチファイルを作成すると、作業を自動化できます。

また、3桁または4桁の数字を日付にしたい場合は、次のように設定します。

検索文字列欄
(\d+)(\d\d)

置換文字列欄
$1/$2

「1001」は「10/01」に変換され、Excelで開いたときは「10月1日」と認識されます。
「123」は「1/23」に変換され、Excelで開いたときは「1月23日」と認識されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください