nextCSVを使って、ExcelにCSVファイルのデータを取り込むとき8桁の数字を日付にする方法

nextCSVを使って、ExcelにCSVファイルのデータを取り込むとき8桁の数字を日付にする方法を解説します。

CSVファイルの日付の列が「20100219」のように数字で構成されている場合、CSVファイルをExcelで開いても、数値として認識されます。

Excelで開いたときに日付として認識されるように、CSVファイルのセルの値を変換する方法を紹介します。

今回紹介する処理を行うには、nextCSV バージョン2.1.0以降のバージョンが必要です。

  1. nextCSVを起動して、CSVファイルを開きます。

  2. 日付のセルをダブルクリックして列編集画面を表示します。

  3. 変換条件設定の「追加」ボタンを押し、値変換条件編集画面を表示します。

  4. プルダウンメニューから「セルの値を正規表現で置換する」を選択します。

  5. 検索文字列欄に次のように入力します。

    (\d\d\d\d)(\d\d)(\d\d)
    
  6. 置換文字列欄に次のように入力します。
    $1/$2/$3
    

  7. 「OK」ボタンを押し、列編集画面に戻ります。

  8. 「OK」ボタンを押し、メイン画面に戻ります。

  9. プレビュー欄でセルの値が日付形式になっていることを確認します。

  10. メニューの「変換」→「CSVファイルの作成」を選択します。

  11. ファイル名を指定して保存します。

以上で、CSVファイルの列の値が日付形式に変換できました。

作成したCSVファイルをExcelで開くと、日付として認識されます。

同じ作業を繰り返し行う場合は、nextCSVの自動実行バッチファイルを作成すると、作業を自動化できます。

また、3桁または4桁の数字を日付にしたい場合は、次のように設定します。

検索文字列欄
(\d+)(\d\d)

置換文字列欄
$1/$2

「1001」は「10/01」に変換され、Excelで開いたときは「10月1日」と認識されます。
「123」は「1/23」に変換され、Excelで開いたときは「1月23日」と認識されます。

「nextCSV CSVファイル編集ソフト」バージョン 2.1.0公開

nextCSV CSVファイル編集ソフト」のバージョン 2.1.0を公開しました。

nextCSVは、CSVファイルを利用するソフトにあわせた形式に変換するソフトです。
顧客管理ソフトや基幹ソフトで作られたCSVファイルを、宛名ソフトや宅急便伝票印刷ソフトなどCSVファイルを利用する側が要求する形式にあわせて加工します。

今回のバージョンアップでは、次の2点の変更を行いました。

  • 固定値列の編集でエラーが発生する不具合を修正しました。
  • 値変換条件編集画面に「セルの値を正規表現で置換する」を追加しました。

皆様のご意見・ご感想・ご要望をお待ちしています。

メールで受信した注文データをExcelで取り込んで注文書・請求書・領収書を作成する方法

メールで受信した注文データをExcelで取り込んで注文書・請求書・領収書を作成する方法。

  1. 受注メールのデータをExcelに取り込む

    (悪い例)
    メールをコピーしてExcelに貼り付け、の作業を繰り返し。

    手作業でコピー&ペーストを繰り返すのは、ミスが発生しやすく効率の悪い方法です。
    一般に、繰り返し行う作業は、ソフトウェアで自動化することができます。

    (良い例)
    D2 メール自動データベース変換ソフト」を使えば、メールを解析してCSVファイルに変換できます。
    自動実行バッチファイルを作成すれば、バッチファイルを起動するだけで作業は完了します。

  2. 表記揺れの修正

    たとえば、郵便番号が半角で入力されているものもあれば、全角で入力されているものもあります。
    ふりがながひらがなで入力されているものもあれば、半角カナで入力されているものもあります。
    このように表記に違いがあるとデータが使いにくくなるため、表記を統一します。

    (悪い例)
    一つ一つ目視でチェックして修正する。

    全角と半角の見分けは難しく、見逃しも起こりがちです。
    ソフトウェアを使って自動化しましょう。

    (良い例)
    nextCSV CSVファイル編集ソフト」を使えば、このような修正を自動化できます。
    自動実行バッチファイルを作成すれば、バッチファイルを起動するだけで作業は完了です。

  3. CSVファイルをExcelに追記する

    (悪い例)
    CSVファイルをダブルクリックしてExcelで開いてコピーし、目的のExcelファイルに貼り付ける。

    CSVファイルをExcelで開くと、セルの値の先頭の「0」が消えてしまう問題が発生します。
    また、毎回同じ作業を繰り返すのも、ミスが入り込む可能性があります。

    (悪い例)
    Excelのテキストファイルウィザードを使ってインポートする。

    Excelのテキストファイルウィザードを使えばCSVファイルのデータを正しくExcelに追加することができます。
    ただ、この方法は手間がかかるのが欠点です。

    (良い例)
    Excel CSV Importer」で、インポート処理を自動化します。
    データ型を判別して正しくインポートしてくれます。
    もちろん自動実行バッチファイルによって自動化できます。

  4. Excelで取り込んで注文書・請求書・領収書を作成する

    (悪い例)
    注文ごとにワークシートをコピーして注文書・請求書・領収書を作成する。

    よくある失敗例です。
    テンプレートのワークシートをコピーして使い回す方法です。
    すぐにワークシートが増えてしまい、収拾がつかなくなります。

    Excelの正しい使い方を知らないと、このような誤った方法をとりがちです。

    データ用のシートと表示・計算用のシートは分けます。
    そして、Excelでは1データ1行で登録してください。
    参考
    「Excelのワークシート設計:データ用ワークシートと表示用ワークシートは分ける」
    「Excelのワークシート設計:データは1データ1行」

    (良い例)
    注文データは、注文データ用のワークシートに1データ1行で登録します。
    新しい注文データがあると、ワークシートの最終行に追加していきます。
    Excel CSV Importer」を使えば自動化できます。

    注文書・請求書・領収書用のワークシートはそれぞれ別に用意します。
    ExcelのVLOOKUP関数を使い、注文番号を入力すると注文データワークシートからデータを引用するようにします。

    納品書ワークシート画像

    このようなワークシート設計にすれば、注文データが増えても破綻しません。

ソフトウェアを上手に組み合わせて使えば、作業が大幅に効率化できることがおわかりいただけたと思います。

nextCSV 2.0.1公開

nextCSV バージョン2.0.1を公開しました。

今回のバージョンアップでは、次の変更を行いました。

  • 使用できるCSVファイルの列数をExcel2007にあわせて、702列から16384列に変更しました。

  • 不正なCSVファイルの読み込みを改善しました。

    セルの値がダブルクォートで括られていないときの処理を改善しました。
    不具合のご報告ありがとうございました。

ご意見・ご感想・ご要望をお待ちしています。

バージョンアップお知らせメールマガジンを始めます

ユーザーの皆様に、常によりよいソフトをご使用いただきたいと思い、ソフトウェアのバージョンアップをお知らせするメールマガジンを発行することにしました。

ユーザーの方からのメールを読んでいるうちに、古いバージョンのソフトをずっと使い続けている方が少なくないことが分かりました。

長い間、使い続けて下さっていることは嬉しいことです。

ですが、新しいバージョンのソフトには、便利な機能が追加されていたり、不具合が修正されていたりします。

新しいバージョンのソフトで、より便利にご利用いただきたいと思い、バージョンアップしたことをお知らせするメールマガジンを発行することにしました。

ソフトウェアの互換性には十分に注意を払っていますので、バージョンアップによって動作が変わることはありません。

メールアドレスは厳守し、外部に漏れることはありません。
また、バージョンアップのお知らせ以外に、利用することもありません。

ぜひご登録いただき、拙作のソフトウェアをより効果的にご利用下さい。

nextCSV 2(ベータ版)公開

nextCSV 2(ベータ版)を公開しました。

nextCSV 2では、nextCSVの反省を踏まえ、以下の点を改善しました。
直感的でわかりやすく使いやすいソフトになりました。

  • 「元に戻す」「やり直し」機能

    多くの画面で「元に戻す」「やり直し」の機能を用意しました。
    簡単に元の状態に戻せますので、気楽に試行錯誤できるようになりました。

    また、煩わしい確認ダイアログを減らしました。
    簡単に元の状態に戻すことができるので、確認ダイアログは不要になりました。

  • 必要な情報を一覧表示

    メイン画面に変換結果を表示して、結果を見ながら作業できるようにしました。
    また選択中の列の属性も、一目で確認できるようにしました。

ベータ版のため、フリーソフトとして公開しています。
ぜひお試し下さい。

CSVデータの変換ツールあります。

質問者には悪いことをした。
私がもっと早くこの質問に気づいていれば。

「CSVデータ」の変換ツールはありますか。

会社の「販売管理システム」(DB=SQL)へ、得意先からのCSV形式の発注データを取り込みたいのですが、取り込められるデータレイアウトが当社のものと違うため、不可能です。
CSVデータのデータレイアウトを、こちらが希望するデータレイアウトへ簡単に変換できるソフトウェアを捜しています。

回答が既に締め切られているので、このサイトで答えます。

是非、nextCSVをご利用ください。
まさに、このような問題を解決するために作ったソフトです。

列の移動・結合・削除はもちろん、条件指定による行の抽出、文字種別(全角・半角・ひらがな・カタカナ)の変換、改行の削除や指定桁での折り返し、その他、多くの変換機能を備えています。

どのようなデータレイアウトにも対応できると思います。
# 対応できなければ、ご連絡下さい。

さらに、自動実行ファイルを作成すると、次回からは自動実行ファイルを実行するだけで変換作業が完了します。
同じ作業を何度も繰り返す必要はありません。

ちなみに、この質問に対する唯一の回答がこれ。

ExcelでCSVファイルを読み込み、編集後、CSV形式で保存してください。

得意先からのCSV形式の発注データ、販売管理システムのデータレイアウト、ともに固有のものですよね。それを変換するなんて、特別オーダーで無い限り存在しませんよ。

「特別オーダーで無い限り存在しませんよ。」

回答者の方も是非、nextCSVをお試し下さい。

nextCSV バージョン 1.2.0公開

nextCSV バージョン1.2.0を公開しました。

今回のバージョンアップでは、次の2つの機能を実装しました。

  • NXCファイルとCSVファイルをメイン画面にドロップすることで、ファイルを開くようにしました。
  • 条件に該当する行だけを抽出する抽出機能を実装しました。

nextCSVは、CSVファイルを利用するソフトにあわせた形式に変換するソフトです。
CSVファイルはソフト間のデータの受け渡しによく使われますが、ソフトごとに要求するCSVファイルの形式が異なるため、データの受け渡しには一手間必要です。
nextCSVを使うと、簡単な操作でCSVファイルの列を移動・結合したり、セルの値を変換したり、条件によってセルの値を変更することができます。
詳しくは「nextCSV CSVファイル編集ソフト」をご覧ください。

ご意見ご要望をお待ちしています。

nextCSV バージョン 1.1.8公開

nextCSV バージョン1.1.8を公開しました。

今回のバージョンアップでは、nextCSVの設定ファイルの拡張子「.NXC」の関連づけの設定機能を実装しました。

詳しくは「nextCSV CSVファイル編集ソフト」をご覧ください。

ご意見ご要望をお待ちしています。