ビル・ゲイツはRubyを初めて見たとき「どうやったらこんなことができるの?」と尋ねた

コンピュータは、むずかしすぎて使えない!』に、こんなエピソードがありました。

「Visual Basicの父」アラン・クーパーが、ビル・ゲイツにRubyを見せたときの反応。

ビル・ゲイツはそれを初めて見たとき「どうやったらこんなことができるの?」と尋ねたものだ

コンピュータは、むずかしすぎて使えない!』より

ビル・ゲイツにとって、Rubyは驚くほど画期的なプログラムだったのかもしれません。

ちなみに、この話は1988年のこと。
その後、このビジュアルプログラミング言語RubyはBasicに移植されて、Visual Basicになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です