消費カロリー計 カロリズム

2009年7月の日経デザインより。
「”見える”消費カロリー計で大ヒット」という記事で「カロリズム」という活動量計が紹介されていました。

万歩計との違いは、歩数ではなくで消費カロリーを表示すること。
最近は食べ物にカロリーが表示されていることが多いので、消費カロリーが表示されると計算しやすくなりますね。
消費カロリー量の他に、歩数や歩行距離も表示できるので、普通の万歩計としても使用できそうです。

日経デザインの記事によると、「どんな人が使ってもグラフに適度な変化が表れるように、それぞれの安静時の消費カロリーを基準に調整した」など、消費カロリーの変化を目に見えるように工夫して、飽きずに使えるようにできています。
同じデータでも見せ方によってずいぶんと印象が変わるものです。
グラフ表示のわずかな工夫が、大きな効果をもたらしていると思います。

Amazonでの価格を見ると、色によって値段が違うようです。
人気の差でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください