VirtualBoxのE_ACCESSDENIEDのエラーが発生したとき

vagrant upを実行すると以下のエラーが発生した。

$ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Clearing any previously set network interfaces...
There was an error while executing `VBoxManage`, a CLI used by Vagrant
for controlling VirtualBox. The command and stderr is shown below.

Command: ["hostonlyif", "ipconfig", "vboxnet0", "--ip", "192.168.33.1", "--netmask", "255.255.255.0"]

Stderr: VBoxManage: error: Code E_ACCESSDENIED (0x80070005) - Access denied (extended info not available)
VBoxManage: error: Context: "EnableStaticIPConfig(Bstr(pszIp).raw(), Bstr(pszNetmask).raw())" at line 242 of file VBoxManageHostonly.cpp

原因は、VirtualBoxが最近導入した機能によるもので、IPの範囲が制限されるためのようだ。
IPアドレスが192.168.56.1〜192.168.63.254の間にないときはエラーになるらしい。

Vagrantfileを編集してIPアドレスを”192.168.56.10″に変更すると、起動できるようになった。

config.vm.network "private_network", ip: "192.168.56.10"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください