「docker compose up」でSTATUSが「exited (1) 」になるときは「docker compose logs」でエラーの原因を見つける

「docker compose up」でSTATUSが「exited (1) 」になるときは「docker compose logs」でエラーの原因を見つける。

コンテナを起動するため以下のコマンドを実行した。

docker compose up -d

しかし、コンテナにアクセスできない。

コンテナの状況を確認する。

docker compose ps

「STATUS」が「exited (1) 」になっている。
何らかの理由でコンテナが起動に失敗している。

こういうときは、

docker compose logs

でログを確認してエラーになっている原因を見つける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください