Laravelで外部キー制約を一時的に無効化する

Laravelで外部キー制約を一時的に無効化する方法について。

データベースのデータが不正なデータになることがないように、外部キーを使用します。

しかし、データベースの設計が変更されてデータを修正しなければならないとき、外部キー制約が邪魔になることがあります。

Laravelでは、外部キー制約を一時的に無効化する機能が用意されています。

外部キー制約を無効にするには、以下のメソッドを使用します。

Schema::disableForeignKeyConstraints();

外部キー制約を有効にするには、以下のメソッドを使用します。

Schema::enableForeignKeyConstraints();

次のコードでは、一時的に外部キー制約を無効にしてデータベースを操作し、完了したら外部キー制約を有効に戻します。

// 外部キー制約を無効化
Schema::disableForeignKeyConstraints();
// 外部キー制約が無効の間にデータベースを操作する
doSomethind();
// 外部キー制約を有効化
Schema::enableForeignKeyConstraints();

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください