専門家による新型インフルエンザへの対応策の提言

日本感染症学会が『日本感染症学会緊急提言「一般医療機関における新型インフルエンザへの対応について」』を公開しました。

専門家による信頼できる情報です。

一般人は何ができるかというと「一般予防策ではうがい、手洗い、マスクが効果的です」とあります。
マスクの有効性については賛否両論あるそうですが、WHOは今回の新型インフルエンザ対策としての市中でのマスク着用を勧めています。
予防策はうがい・手洗い・マスクです。

知らないことがたくさんあり、とても勉強になります。

「20世紀の新型インフルエンザは、国内では、すべて2回の流行を起こしている事実」から、「今年の秋か、冬に大きな流行になると専門家が警戒している」とのこと。

「数年以内にはほぼ全ての国民が感染し、以後は通常の季節性インフルエンザになっていきます。」

などなど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください