C++Builder XE5でFireMonkgyのTGridに画像を表示する

FireMonkgyのTGridに画像を表示するにはTImageColumnを使用します。

GridにTImageColumnを追加して、GridのOnGetValueイベントで表示する画像を引数Valueに設定します。

004

void __fastcall TForm1::Grid1GetValue(TObject *Sender, const int Col, const int Row,
          TValue &Value)
{
  if (Col == 0)
  {
    Value = TValue::From(FImages[Row]);
  }
}

サンプルプログラム

005

class TForm1 : public TForm
{
__published:    // IDE で管理されるコンポーネント
  TGrid *Grid1;
  TImageColumn *ImageColumn1;
  void __fastcall Grid1GetValue(TObject *Sender, const int Col, const int Row, TValue &Value);
private:    // ユーザー宣言
  /// 表示する画像
  std::vector<TBitmap*> FImages;
public:     // ユーザー宣言
  __fastcall TForm1(TComponent* Owner);
};

//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
  : TForm(Owner)
{
  Grid1->RowCount = 5;
  //グリッドに表示する画像を読み込む
  for (int i = 0; i < 5; ++i)
  {
    TBitmap* image = new TBitmap();
    image->LoadFromFile(Format("C:\\data\\%d.bmp", ARRAYOFCONST((i))));
    FImages.push_back(image);
  }
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Grid1GetValue(TObject *Sender, const int Col, const int Row,
          TValue &Value)
{
  if (Col == 0)
  {
    //グリッドに表示する画像を設定する
    Value = TValue::From(FImages[Row]);
  }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください