C++Builder XE3でVCLスタイルを使ってみる

C++Builder XE3でVCLスタイルを使ってみました。

よく使うコンポーネントをフォームに適当に配置します。

メニューの「プロジェクト」→「オプション」を選択して、プロジェクトオプションを
表示します。

「アプリケーション」→「表示」を選択します。

「カスタムスタイル」から使用するスタイルをチェックします。

「デフォルトスタイル」を選択します。

「OK」ボタンを押します。

「F9」キーを押して、実行します。

デフォルトスタイルに選択したスタイルが適用されています。

実行時にスタイルを変更してみます。
TStyleManagerクラスのSetStyleメソッドで、実行時にスタイルを設定できます。

Button1のOnClickイベントに次のコードを追加します。

#include <Vcl.Themes.hpp>

void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
  TStyleManager::SetStyle("Light");
}

ボタンを押すと、適用されているスタイルが変更されました。

使用できるスタイルの一覧は、TStyleManager::StyleNamesで取得できます。

__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
  : TForm(Owner)
{
  DynamicArray<UnicodeString> names = TStyleManager::StyleNames;
  for (int i = 0; i < names.Length; ++i)
  {
    ListBox1->Items->Add(names[i]);
  }
}
void __fastcall TForm1::ListBox1Click(TObject *Sender)
{
  TStyleManager::SetStyle(ListBox1->Items->Strings[ListBox1->ItemIndex]);
}

リストボックスに使用できるスタイルが一覧表示されます。

リストボックスをクリックするとスタイルが適用されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください