C++BuilderのTIdMessageBuilderPlainを使って添付ファイル付きのメールを作成する

C++Builderで添付ファイル付きのメールを作成する時、TIdMessageBuilderPlainを使うと若干コードが簡潔になるようだ。

#include <IdMessageBuilder.hpp> //TIdMessageBuilderPlainを使うために必要なヘッダ

TIdMessageBuilderPlain* builder = new TIdMessageBuilderPlain();
builder->PlainTextCharSet = "ISO-2022-JP";
builder->PlainTextContentTransfer = "7bit";
builder->PlainText->Text = L"メールの本文";
builder->Attachments->Add(L"C:\\test\\test.jpg"); //添付ファイル
TIdMessage* msg = builder->NewMessage(NULL);
delete builder;

msg->CharSet = "ISO-2022-JP";
msg->ContentTransferEncoding = "7bit";
TIdEMailAddressItem* to = msg->Recipients->Add();
to->Name = "宛先";
to->Address = "to@example.com";
msg->From->Address = "from@example.com";
msg->From->Name = "差出人";
msg->Subject = "メールの件名";

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください